Bateau mouche

母親学級 3回目

母親学級でい1番肝心な内容であろう『退院後について』。申し込みが遅くって、いつもの病院が主催している分は定員オーバー。というわけで、地域のPMI(Centre Protection Maternelle et Infantile母親と幼児の援護センターみたいなもの)へ連絡をして、今回はSさんも一緒に出かけてきました。距離的にはわが家からそんなに遠くないところなんだけど、パリの外れというか、「ここも本当にパリ市内?」というような郊外のマンション外の一角みたいな所に、その施設はありました。PMI自体は区に何カ所もあって、わが家から歩いて10分もかからないようなところにも1カ所あるんだけど、たまたま母親学級を開催しているのが、ちょっと遠いところだったようで。でも、Creche familialleという小規模保育園内だったので、保育園がどんな様子かついでに見学できてよかった。

PMIの学級は少人数制。今回は3人+Sさん。しかも偶然にも日本人の女性が来ていて、日本人2人とフランス人1人。妊娠生活で、1度だけ病院で日本人らしき女性を待合室で見た事はあったけど、それ以外では住んでいる地域のせいか、出会う事がなかったので、嬉しくって帰りがけにお互いの連絡先を交換したり。しかも彼女は2人目の出産ということで、いろいろ教えてもらえそう。

今までの母親学級と違って、今回は私たちの質問に、助産婦さんが答える形式。正直、何が分かっていないのかが分かっていないところがあるから、質問を待たれても困ってしまうのだけど、それでも普段Sと話している中で疑問だった事などを聞いてみる事に。
例えば・・・
①母乳は出産前から出るのか?
 →出る人もいるし、出ない人もいる。
②掛け布団と枕は何歳から使うのか?
 →だいたい3歳くらいから。それまではGigoteuseジゴトゥーズという寝袋の
  ようなもので、肩の部分がベストみたいになっているのを使用。
  ※そうとは知らず、すでに掛け布団もカバーも購入済みのわが家。日本と違う。
③母乳の場合、いつまで食べ物制限は続けた方がよいのか?
 →アルコール以外は、出産後は食べても大丈夫。生ものとか、生乳チーズとか。
  但し、貝類は気をつけた方が良いとの事。
④出産後、子どもの健康管理について
 →体重検査などはPMIへ。その他、検診は出産した病院で。
  あとは、幼児を受け付けるかかりつけの一般医を探しておく事。
⑤洗濯洗剤は何を使えばよいか?
 →ベビー服は大人の分と分けて洗濯。洗剤はベビー用の低刺激のものを使用。
  柔軟剤は使わない事。洗剤のメーカーは、よっぽどの事がない限り変えない事。

これまで数回講義を受けているので、もうこれ以上の質問は思いつかず、あとは出たとこ勝負!楽観的すぎるのかもしれないけど、心配しても何が起こるか分からないんだから、その時に最善を尽くせばいいと。あと、助産婦さんがしきりに『完璧を目指さないように』と繰り返してました。わたしはもともと8割主義なところがあるから大丈夫だけど、Sはたまに他人にキビしいので(笑)

ご一緒した日本人の女性は、1人目の出産が予定日の2週間前だったそう。破水してからなかなか陣痛が始まらず、陣痛促進剤を打たれたら、その後猛烈な痛みが急にきて、パニックになってしまたらしく、パニックに陥らない呼吸法を質問していたんだけど、そういえばその答えの説明なかったな…。ちなみに彼女の場合、破水する前の日にお腹のべべの動きが妙に静かになったらしく、まさにこの日の私。念のためにバスタオルをベッドに敷いて寝る事にします。(入院バッグの準備できてないけど)
[PR]



by citronciiron | 2012-11-30 01:24 | 出産

隅田川からセーヌへやってきた日記
by citronciiron
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧