Bateau mouche

カテゴリ:Paris<希少体験>( 9 )




エレベーターの裏切り

産休に関する書類を会社に持って行く用事があったので、久々に同僚ともおしゃべりしたかったし、お昼時間をめがけて会社へ。オフィスは4階なのでエレベーターに乗ると、地上階から動かない。何度試しても、一旦は扉が閉まるんだけど、『ジーーーっ』って音がして数秒後に開いてしまう。。。閉じ込められるよりはマシか、と諦め階段を登る事に。普段から鍛えられているだけあって、4階なんて余裕だったけど。同僚からは、『なんでよりによってエレベーターが動かない日に』と同情され…

2012年で一番打撃を受けた出来事。それは、我が家のエレベーター。

6月中旬、アパートの地上階に『7月23日から5ヶ月間のエレベーター工事。住民で話し合いましょう』みたいな張り紙が。意味不明なので当日Sと参加すると、衝撃の事実が。7月23日からアスペスト除去とエレベーターの取り替え工事で、5ヶ月の間、2機あるエレベーターが同時に使用不可とのこと。2013年の法律改定で、アスペスト除去は必須。2機のエレベーターの間には仕切りがないから、同時に作業しないといけないらしい。でも、なぜ1ヶ月前に突然知らされるワケ?しかも、住民同士の話し合いを企画したムッシューは、管理組合の人でもなんでもなく、1住人。しかも、持ち家ではなく、我々と一緒で貸家に住んでいるので、管理組合のミーティングへの参加権がなく、情報は近所の人から聞くか、家主からのお知らせのみ。彼はどうも管理人さんから情報を仕入れたらしい。話し合いには、持ち家の人も参加していたけど、彼らも管理組合から大した情報を得ていないようで、これまたビックリ。この話し合い、何か解決策が得られるのかと思いきや、逆に暗くなる話ばかり…。でも、住民同士で声を掛け合って、ヘルプが必要な人には、毎日パンを買いに行くところを2日に1回で済むよう小さな事から始めよう、とのこと。私が妊娠していて、工事が終わる12月中旬に出産予定なことを話すと、みなさんから同情を得るものの、『そればかりは助けてあげられない』とのこと。引っ越すには時間がなさ過ぎだし、お先真っ暗。。「区役所で、住宅補助とかあるかもしれないよ」といわれ、全く当てにしてないけど、とりあえず出かけみることに。が、わざわざ半休2回も取ったのに、色々な部署にたらい回しされたあげく、『ある程度の収入のある人には補助はなし』とのこと。

c0091655_325291.jpg

ビニールシートで完全に覆われたエレベーター

その後、結局工事は9月からに変更。みんなはなぜか喜んでいたけど、我々にとっては産後もエレベーターの動かない期間が続く事になるので、悪い知らせ。でも、すでに引っ越しはせず、私はがんばって階段を登る覚悟を決めていたので、夏の間はベビー用品の買い出しや、食料品のストックに励み、週末は友達を読んでご飯会をしたり、夏休みにはロンドンに行ったり、前向きに活動。平行して、区役所では、引退した弁護士さんとアポをとって、不動産屋との家賃交渉について相談(無料)。契約書には『エレベーター付き』となっていること、不動産屋からは工事の連絡が全くない事などを文書にして、書留で送付。これは、Sの努力のおかげで、5ヶ月間100ユーロの値引きを獲得!

というわけで、最終的にエレベーターは9月24日から完全に止まって、早6週間。この工事のおかげで産休も大幅に早まったから、毎日上り下りしているわけではないけれど、週に最低5回は行き来しているから、おかげで足の筋力が強くなった。しかも、妊婦さんの体重管理って大変って聞いていたけど、特に甘いものをガマンしているわけでもないのに、8ヶ月(日本の9ヶ月)でプラス7〜7,5kgと、ちゃんとコントロールできてる。

ここまで書いて、肝心なことを書いてなかった。我が家は何階かって?


9階
(日本で言う10階)


家族・友達・同僚をはじめ、産婦人科医も心配してくれていますが、お腹のべべちゃんが小柄ちゃんなことも幸いして、今のところ大丈夫です。おそらく産後の方が大変かもしれないけど、家族と協力して引き続きがんばります☆
[PR]



by citronciiron | 2012-11-06 02:17 | Paris<希少体験>

真夏日、そして検査結果

数日前から噂されていた真夏日。とうとうやってきました。
最高気温37℃のパリ。吹く風も熱風。湿度が低いのがせめてもの救いです。

こんな暑い日は早く帰ってのんびり休みたかったのですが、検査の予約アリ。
人生初のCT検査。しかも予約時間が19:50と遅い。予約したとき、聞き間違えたのかと思ったのだけど、開院時間が22時までと聞いて納得。フランスでは血液検査1つにしても、CTやレントゲンにしても、独立した検査施設のようなものがあって、かかりつけの医者に紹介状を書いてもらったあと、さらに予約を取って出向く、という面倒なシステム。でも、日本の病院と比較したら待ち時間は短いかも。(Sは以前、かかりつけの医者で1時間くらい待たされたと怒ってたけど)

腰のために残業しないようにしているのだけど、予約の時間まで暑い中ウォーキングするわけにもいかず、映画館へ。気になっていたBeginnersを観てきました。(あらすじ)母の死後、自分がゲイであると宣言した父を持つ主人公。その父も病気を患い、入院生活と自宅で最期を迎えるまでの日々を振り返る中、パーティーで出会ったフランス人の女性との恋のつまづきなどを描いた作品。この3人にプラスして登場するジャックラッセルテリア(だったと思う)が、主人公とお話できちゃったりするんだけど、切ないシーンに笑いをもたらしてくれるいい動きをして、たまらなくかわいい。衣装やアートなんかもステキな作品でした。

映画の後は、本日のメインイベントへ。が、映画館からのバスが20分先までなく、しかたなく歩くことに。15分程度だったけど、日陰を狙うも西日がキツく、到着したときは汗ダラダラ。。
30分ほど待って、控え室に通された後、さらに10分ほど待つと『マドマゼールどうぞ』の声。
呼吸を普通に、動かないでね、と3度くらい念を押され、いざ開始。目を開けててもいいっていわれてたんだけど、なんとなくあの輪っかが近づくと怖くって、薄目で観察。機械がグイングインいいながら、空気がグォーってきて、あの輪が閉まったら怖いなぁなんて想像したり。
『マドマゼルは若いんだから、腰を痛めちゃだめだよ』、と検査のおじさんに言われ、「あなたとそう年齢違いませんから」・・とは言わず、お礼だけ言って退室。驚いたのが、検査結果を当日に渡されちゃうシステム。しかもDVD2枚の特典付☆(1枚で十分じゃっ)フランスはレントゲンなどの検査結果を自分で管理するシステムなので、結果をかかりつけ医や専門医に見てもらうときは自分で持っていくのです。

そんなこんなで検査も無事終了。外はまだ熱風が吹いていて、近くで待ち合わせしたSさんは予想通りご機嫌ななめ。そとごはんの予定だったんだけど、クーラーのある家に早く帰りたいSさん。駅コンビニでさっと買い物して帰宅しました。

c0091655_049166.jpg

*豚肉の巻き巻き
*卵焼きもパプリカ巻き
*マッシュルームのソテー

今日のお弁当。先日のピクニックで大好評だった豚の巻き巻きをもう1回作りました。
ご飯には母が持ってきてくれたしば漬けを。梅干ブームが去ってしまったので。。
[PR]



by citronciiron | 2011-06-27 23:56 | Paris<希少体験>

なくてはならないもの

ごはん食べる時間が惜しいくらい、でも食べなきゃ午後がもたない、ってことで、こんな日は麺館でパパーっと済ませてしまいます。今日はジャージャー麺な気分じゃないから、bo-bun(ビーフンの上に牛肉炒めとネムがのっかってるベトナムごはん)。待っている間、隣をふと見ると、フランス人の50歳前後と思われる細身のムッシューが焼きそばを食べていたのですが、膝元にペーパーナプキンにつつまれたちっちゃなパン。そして、そのパンをお皿に残った焼きそばのソースをつけながらパクっ。

これまでも、カレーをお箸で食べる人や、パイコー麺のスープを前菜代わりに全部飲みきってから麺を食べる人など、いろいろ驚く光景をみてきたけど、焼きそばのソース+フランスパン(持参)は新しい!

ん・・・?

やきそばパン、フランスでやったら売れるかもー☆
[PR]



by citronciiron | 2009-04-27 06:52 | Paris<希少体験>

空からハトのフ○かと思いました

夕方、バス停でパンオショコラをかじりながら(注)待っていたら、空から白いものがひとつ。


またひとつ。


そしてまたひとつ。。


天敵のハトかと思い空を見上げるも気配なし。しかも、その白いものは、あの独特のベチャっとした感はなく、むしろサラサラ。

そしてその白いものは勢いを増し、その正体が雪だと分かったのです。

というか、いまは4月です。お花見の季節。なのに雪???

ちなみに、実は明け方にも雪が降ったようで、朝、カーテンを開けたらこんな景色でした。何かの間違いかと思ったのは言うまでもありません。屋根の上、黒いクルマの上をご覧ください。

c0091655_7401661.jpg


(注)行儀が悪い学生のようですが、仕事後にフランス語の授業を取っていて、9時までガマンできないため、やむを得ず・・・いや、パリで散歩をしながらクレープやパンをかじるのは気持ちがいいものです。
[PR]



by citronciiron | 2008-04-07 07:31 | Paris<希少体験>

睡魔

昨晩、以前勤めていた会社の元・上司とお客様がパリにきていたので、お食事会。その後、諸事情で、別の上司をリッツホテルのロビーで待つこと1時間。一緒に待機していた寝不足気味の上司はついにダウンで、高級ホテルのロビーで居眠り。結局、夜中12時半に上司は解放されたのですが、一時的なものにすぎず、待機組は撤収。

・・・と、ここまでが昨晩の出来事で、帰宅したのは1時半。4時間程しか寝てなかったので、当然ながら今日は猛烈な睡魔が襲う中、会話の授業で演劇の授業さながらの演技。それにしても、欧米系の方々の演技力には驚かされます。
[PR]



by citronciiron | 2008-02-08 06:18 | Paris<希少体験>

クッキーを買っておくれ

久々のホットヨガに行く途中、スタジオ近くのスーパーでお水を購入するのにレジで並んでいたときの出来事。わたしと大して年齢が変わらないであろう男性が、手のひらにある小銭7~8サンチーム(=¥10前後)を見せながら、『この小銭と合算して、クッキー1箱を買ってくれませんか?』と頼んできました。あまりにも大胆というか、いい年して思い切った行動に、最初は状況が飲み込めずにいたのですが、いずれにしても手にしているチョコレートがけのクッキーはわたし好みではないので、"NON"と返事。すると、押せばなんとかなると思ったのか、もう一度聞いてくる。子どもでも使わないような手に、驚きながらも断る。よっぽどおなかが空いているのか、どうしても食べたいのか、その後も交渉を続ける男性。そして3人目のターゲットだった年配のムッシュー交渉・・・・


・・・成立してる・・・


改めてネゴシエイションの国だと実感。なんでも言ってみなくては始まらない国なんだということを学んだ出来事でした。(いや、ここで学んでいいのか・・・??)
[PR]



by citronciiron | 2008-01-30 05:23 | Paris<希少体験>

結婚式に参列

今日は先日リハーサルをしたMizueちゃんの結婚式当日。

ヘア・メイクのLaurantとわたしは11時前に新郎・新婦宅に着き、ヘアメイク⇒着付けの順で着々と準備。Mizueちゃんは緊張しているらしく、前日はあまりよく眠れなかったとのコト。疲れてしまわないように、てきぱきと着付けなければ・・・。
途中、新郎のパパが、今回参列できなかった新婦のパパに送るビデオの撮影のため、着付けの様子を映され緊張。手が汗ばんできて、紐のすべりが悪くなる。。。

c0091655_5462533.jpgこちらの結婚式は、市役所で式を行い、その後夜にパーティーをするのが一般的で、教会での結婚式はそれほどメジャーではない様子です。市役所前に行くと、新郎の親族や2人の友人が集まっていて、新婦の着物姿に一同うっとり。ちなみに、前回の課題だった帯結びは、考えた末に柄を出す位置を変え、普通の立て矢結びよりちょっとゴージャスに見える変わり結びにしてみました。結果◎お母様の着物はピンクの春らしい色に黒い帯で、現代の着物にはないしっとりとした品があるお着物なので、市役所の建物ととてもマッチしてすてきでした。




c0091655_5503478.jpg市役所のお式の後、夜から新郎の友人宅(郊外の一軒家)でパーティー。アペリティフに始まり、お料理はレバノン料理のケータリング。これはかなりおいしかったです。特にナスのペーストが、焼きなす風でおいしかった☆われわれアジアチームは、半地下のリビングに陣取り、山盛りのライチとみかんを手品のごとくどんどんと減らし、マイペースにおしゃべり。途中、なぜか話題はドイツ人のムダ毛の話になり、フランス人男子の上半身ストリップショーが開始。。。新郎親友のお母さんの「脱げー!脱げー!」の声で、次々に脱がされる男子。あれ、、、結婚式のパーティーでしたよね???




c0091655_6274988.jpg11時過ぎにケーキ入刀、シャンパンでの乾杯へ。乾杯では新郎のお母さんからの温かいメッセージに続き、新郎のおじいちゃんからフランス語と日本語でメッセージ。日本語のメッセージは、前日にCozueちゃんがおじいちゃんと一緒に考えたそうで、内緒なのにおじいちゃんが大きな声でリハーサルをするから、聞こえてしまわないかドキドキしたのだそう。『ようこそいらっしゃいました、私たちの家族へ』の言葉に涙が流れてしまうMizueちゃん。“女性を泣かしたことがないのが自慢だったのにぃ”とニコりとするおじいちゃん。本当に素敵な笑顔で、幸せな気持ちになりました。


日本で習った着付けも、なかなか役に立つチャンスがないなぁと思っていただけど、今回依頼を受け、2人のお式のお手伝いができて、わたし自身もとても幸せな1日でした。実は、Mizueちゃんのお母様は彼女が幼いときに亡くなったそうで、今回はそのお母様の大切なお着物をお預かりしていたことパーティーの途中で聞かされ、とても責任重大なお役を引き受けていたのを知りました。最後まで悩んだ帯結び。帯を結ぶということは、そこに祈りを込める意味があると先生から習ったのですが、今回はお母様の祈りを結ぶことができた気がします。

Mizueちゃん、幸せな生活を送ってね。
[PR]



by citronciiron | 2008-01-26 05:36 | Paris<希少体験>

Pourriな天気

冷夏のパリ、“Pourri(=腐った)な天気”と表現されているのですが、まさかここまでヒドいとは・・・と驚かされた記事を発見。


30年ぶりの冷夏、60年ぶりの降雨量。 (❍ฺд❍ฺlll)


過去数年のパリは、猛暑で亡くなった方もいたくらいなので、かなり覚悟していたのですが、まさかこんな記録的な年になっていたとは驚いちゃいました。日本では最高気温の新記録が出たニュースをみたのですが、こちらでは7月から8月にかけて、いくつかの町で降雨量の新記録が更新されたそうです。

確かに、明け方に降ることが多く、樋に打ち付ける雨音で起こされた朝が何回あっただろうか??と思うほど、本当に良く降り、折りたたみ傘も予想外のハイローテーションで曲がり始めてます。

夏服を買わなくて済んだり、クーラーのない部屋でも寝苦しい思いをしなくて済んだりと助かった点はあったけれど、やっぱり夏は暑くなくちゃ盛り上がりに欠けます。暑くて溶けそうな毎日を過ごしている日本のみなさんに怒られそうですが、この気温、 (東京+パリ)÷2 にはならないものでしょうか・・・。
[PR]



by citronciiron | 2007-08-22 05:43 | Paris<希少体験>

花の都で終電を逃す

会社の先輩に誘われて、フレンチレストランに行ってきました。この国に来てフレンチレストランに入るのは、まだ片手で数えられるくらい・・・。今回は年末年始に住んでいたSevres-Babyloneというおしゃれなエリアの裏道レストラン。以前はオーベルニュ地方の料理を出していた(と言っていた気がするの)ところが、オーナーが日本人に変わっていて、お料理のタイプも変わってました。

わたしは、前菜にナスとフレッシュクリームのミルフィーユ、メインは白身魚の人参ソース、デザートはベリーのティラミス。これで40ユーロくらい。3人でブルゴーニュのワインを頼んで、話がはずみ、さらに日本人オーナーさんとも話がはずみ、気がつけば12時をまわってる!!!
急いで駅へ向かうと家へ帰るルートは2ルートで、いずれも1回乗り換え。こちらには終電乗り換え検索のようなものはないので、運にかけてホームへダッシュ。とりあえず電車がある☆

が・・・・

乗換駅のコンコルドに到着すると、数分前にわたしが乗りたい方向の電車は終わってました。「えーーー!ドウシヨウ・・・」と思ってタクシー覚悟で折り返すと、「出口がどこも閉まってるじゃないの!」と若干キレ気味のマダムと遭遇。結局その人は同じ電車を逃した同士ということが判明して、とりあえず地上に出て一緒にバス停探し。が、見つからない。背後にはかの有名ホテル“クリヨン”。で、数少ない通りがかりの人に聞くこと数回で、さらにもうひとりの同士、20代後半と思われる女性が登場。結局バス停がないので、3人でタクろう!ってことになりました。

が・・・・

また問題が。日本にいるときからも現金を少ししか持ち歩かないため、夕ごはんでお財布の現金という現金を使い果たしてしまってたのです。相乗りする上に、わたしが一番近いので、どうしたって現金で払わなきゃならない。で、マダムに「わたし現金を持ってないから、別のタクシーに乗って、カードで帰ります」っていうと、「何言ってるの~、いいから、いいから。」って言われとりあえず乗車。

マダムもマドマゼルの運転手さんもみんな良い人たちで、わたしがパリに引っ越してきて2週間目だというと、『あら~、今夜はヒドい思い出ができたわねぇ』といわれました。結局、降りるときにお財布の小銭の全部を出すと、1ユーロコインを発見!マダムが、「じゃあ、その1ユーロをドライバーさんへのチップにってことで」といってくれて、タクシーを降りました。

『パリの人は冷たいよ~』って言われて移動してきたけど、こんな人情にふれることができて、今夜はよかった。ヒドい思い出じゃなく、とてもステキな思い出ができた夜だったのでした★☆
[PR]



by citronciiron | 2007-04-17 14:38 | Paris<希少体験>

隅田川からセーヌへやってきた日記
by citronciiron
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧