Bateau mouche

<   2007年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧




引越し

わたしでなくクラスメイトの話。ホームステイというと当たりハズレはつきもので、わたしは本当~に恵まれた環境にいるのだけど、わたしのクラスメイトは若干クセのあるマダムのお宅にお世話になっていました。ところが、たった3週間の間に両者の溝が深まってしまい、とうとう昨日引っ越すことに。とてもじゃないけど1人で帰宅するのが怖い様子だったので、引越しのお手伝いに同行してきました。

これまで滞在していたお家に到着すると、彼女の荷物は彼女の部屋から(勝手に)出されていて、玄関前にドカーンと置いてあってびっくり。でも、学校の先生を連れて帰宅してくると思って鼻息を荒くしていた(であろう)マダムは、一緒に来たのが日本人の私だったので鳩が豆鉄砲を食らったような顔をして固まってました。で、わたしが自己紹介などをしている間に友達は荷物を外へだし、最後に鍵を渡すと『さようなら』もいわずにドアをガチャンと閉められちゃいました。もっと荒れるかと思ったのですが、1分で終わったので2人でホッとしながら先生が待つ車へ。

新しいお家に到着すると、そこには名探偵ポワロに登場するMS.レモンという私が大好きな人物にちょっと似たステキなマダムが待ってました。彼女はすでに帰国してしまったクラスメイトのJunyaやOliviaがステイしていたお家で、とても優しいマダムだという話を良く聞いていたのでイメージ通り。しかもお部屋へ行くと、それぞれのお部屋にテレビ・冷蔵庫・洗面台があってビックリ!! 『テレビから聞くのもリスニングの勉強になるから』というマダムの心遣いは素晴らしいの一言に尽きます。こんな温かいマダムのところへ無事引越しが終了し、友達は我慢してきた気持ちがわーっと涙になってしまってました。

この街に到着してからというものの、毎晩のび太のわたしは本当に幸せ者だと思う夜なのでした。
[PR]



by citronciiron | 2007-02-28 23:47 | Tours

読書 & 献立会議

Fnacで初めてフランス語の小説本を買ってみました。といっても、日本人の作品の仏訳版。いつ読み終わるかな・・・。

明日から日本人のご夫妻が2軒隣のマダムの次男宅に4泊5日でいらっしゃるため、今夜は献立会議が開催されました。それにしても、9回のご飯の献立を考えなくてはいけないため、途中でネタ切れしたようで、わたしに『何食べたい?』と聞いてきたり、はたまた先日買った熱帯魚の赤ちゃんをみんなで探し出す現実逃避に走ったり・・・。大人4人が水槽を覗き込む後ろ姿をシャッターにおさめることが出来なかったのが残念でなりません。わたしがこれまでにごちそうになったご飯日記を持ってこようかとも思ったのですが、とーーっても眠かったので途中退散。結局、会議は夜11時ごろまで続いたのでした。
[PR]



by citronciiron | 2007-02-27 00:13 | Tours

TAXI 4

『今週から生徒が日本人だけになるんじゃない??』と心配をしていたのですが、うれしいことに違う国のクラスメイトが増えました。大学生の日本人2人に60歳過ぎの英国人マダム、そして16歳の中国人の女の子、若い・・・。英国人のMaryは数年前に退職し、旦那さんと一緒に10mの船を買ったそうで、夫婦で旅行をするのがこれからの楽しみなんだとか。人生経験が私達の倍なので、お話もとても楽しくってクラスのムードメーカーです。

さて、今日は月曜日なのでひさびさに映画に行ってきました。 本当は違う映画を見たかったのですが、夜しかやってないことが判明。というわけで、TAXI4を見てきました。が、バカンス中なので映画館は大混雑。上映中も客席からツッコミが入ったりして、お茶の間でテレビをみているような感覚。今回もセリフが早くって、何を言っているのか分からない場面が多々あったけど、単純なストーリーだけに内容はこれまでになく理解できてなんか満足。

TAXIといえば、わたしがフランス語を勉強しようと思ったきっかけとなった出来事を語らずにはいられません。初めて南仏・ニースへ行ったときのこと、次の目的地アヴィニョンまで夕方のTGVで移動する予定だったのですが、運悪くフランス国鉄SNCFのストライキ。朝、駅員さんに確認をすると、『今日は減便しているから、朝9.30の列車に乗らないと、今日中にはアヴィニョンには着くことは不可能』と言い渡され、ニースを観光することなく移動。しかも、ニースから乗った列車も謎の途中駅で乗り換えなければいけないという。慌ててホテルへ荷物を取りに戻り、なんとかギリギリで9.30の列車に乗車。それから、どこにあるのかも分からない謎の駅を逃すまいと出入り口近くを陣取り、停車する旅に地図とにらめっこしながら自分の位置を確かめること2時間。ようやく着いた“謎の駅”は予想外の無人駅。でも、わたしと同じ境遇と思われる観光客がわんさか下車。朝、駅員さんに聞いたとき、“マルセイユからアヴィニョン行きに乗れ”といわれていたけど、この無人駅からどうやって???とまごついていると、周りの人たちがわれ先とタクシーを見つけて去っていく・・・。自分がどこにいるかもわからないのに、1人でタクシーに乗ったら連れ去られちゃう!と怖くなったので、周りの人に助けを求めるも英語を話す人がいない・・・。でも、みんな親切で一生懸命フランス語で教えてくれるのです。でも人間ってこういうピンチの時に実力以上の力がでるようで、『どこに行きたいの?』って聞いてくれているのが分かって、『アヴィニョン!アヴィニョン!』を連呼。そうしたら、みんながタクシーを走らせて行った方向を指してムニャムニャ言ってくれて、それがマルセイユ駅の方向と理解。あとでわかったのですが、わたしが降りた駅はマルセイユ中央駅からキロ来たにあるTGV用の駅。日本でいう新横浜みたいな感じ??新横浜は有人駅だから一緒にしたら失礼だけど・・・。結局、英語がちょっと話せる若い夫婦と同乗させてもらえて、映画のTAXIさながらマルセイユの街をスリル満点で走ったのです。

結局、通常なら2時間半で移動できるところを7時間もかかり、さらに6月にもかかわらず猛烈な暑さに見舞われ、帰国後2キロ体重が減るミラクル付きの思い出。これがきっかけで『もっと平和に旅したい。』と思い、フランス語の勉強を始めたのです。そんな今では、先週のようにパスポートなしでも飛行機に乗せてもらえちゃったくらいになったので、“随分上達したんじゃない?”と関心してくれる人もいるかもしれないけど、これは語学の上達というより単に度胸がついただけ???・・・と思うのでした。
[PR]



by citronciiron | 2007-02-26 23:23 | Tours

現実逃避の一日

明日はTEFというTOEICのフランス語版の試験なのですが、試験勉強をしようという気が全くおきず、部屋の模様替え(といっても机を90°回転させただけ)をしてみたり、先日持ってきてもらった池波正太郎の本を読んでみたり・・・。夕方のお散歩はマダムが30年間くらしたというRochcarbonというトゥールから車で20分ほどの街までドライブ。ロワール川沿いにある公園は遊具がいっぱいあって、ちびっこサマと一緒に鬼ごっこやジョーズごっこをしてみました。
[PR]



by citronciiron | 2007-02-25 22:47 | Tours

春のバカンス

今日からわたしの住む地方はバカンスに入り、マダムが毎朝利用しているパン屋さんも2週間のお休みに入ります。春のお休みは2月の中旬から全国を3グループに分けて、みんなで順番に2週間ずつお休みをする形式。これはスキー場の混雑を緩和させるのが目的なんだそうです。でも、このお休みのすぐ後にはイースター休暇!なんだか休んでばっかりじゃないか??って思ってしまうのですが、なんかこの余裕のある感じが羨ましい・・・。

さてさて、今日はマダムの長女Marie-Herenneのお誕生日。なのですが、ちびっこ3人衆のシャワー浴び・お散歩・ケーキ作りなどなど、働き者の彼女は大忙しでした。あ、わたしも少しはお手伝いしてますよ。公園でちびっ子の乗るドーナッツ型の遊具を回してあげたり、追いかけっこしたりetc・・・。

さてさて夜はバースデーパーティー。なんかお皿の数多くない??って思ったら、Marie-パパがちびっこを集合させて、Marie-Herenneのお友達一家がいらっしゃる件を発表。さらに注意があったのですが、内容は『彼女の旦那さんは顔の色が黒い人だけど、いつもお客様をお迎えするときのようにお行儀良くね』というもの。フランスは本当に様々な人種の人が暮らしているので、色々な肌の色や顔の形の人がいるのは小さい頃から“当たり前のこと”と思ってみんなが過ごしているのかと思ったのですが、ここは階級社会なので、ひとつの街でも階級ごとに住み分けられているのです。わたしがお世話になっているお家は、この街でも地価の高いところに立地することもあり、ちびっこ様たちはアフリカ系出身のお友達と接したことがこれまで1度しかないのだそう。なので、とても大きくて自分の顔と違う人がいきなり登場するとびっくりしてしまうことがあるために、お父さんが前もってみんなにお知らせをしたというわけです。正直、ちょっとびっくりはしました。

c0091655_0215139.jpgさてさて、お楽しみのお夕食。今日はフォンデュ・ブルギニョンヌ。日本ではオイル・フォンデュとも呼ばれているようですが、要は新鮮な牛肉をフォンデュの串に刺して、オイルが並々入ったちっちゃな鍋で焼き(揚げる?)料理。それを、いろいろなソースにつけて食べるのですが、今回用意してくれたのは、①サワークリームの入ったクリームソース、②マヨネーズにピクルスとマスタードを入れたソース、③トマトソースにラードとたまねぎのみじん切りを入れたソース、の3種類。これはおいしいお肉さえ手に入れられれば、準備に時間がかからず、焼き加減を楽しみながらみんなでワイワイできるので良い料理です。これ、刺すもの変えたら卓上串カツが出来るなーなんて考えちゃった夜だったのでした。
[PR]



by citronciiron | 2007-02-24 22:55 | Tours

山かけ丼

得意技の山かけが見事に当たり、今日のテストは思いのほかスムーズに解けました。例の“丸暗記方法”が成功☆テスト後はゲームで学ぶフランス語だったので、この一週間のピリピリした雰囲気が和らぎました。そして、今日は台湾人のOliviaが最後の授業。やっと仲良くなってきたところでお別れなので、ちょっと残念。美大生の彼女は、また夏休みにフランスへ戻ってくるそうなので、「その時にはパリにも寄ってね!」と言ってお別れしました。

c0091655_0174722.jpg午後、毎週恒例のエクスカーション。今週はトゥールから南西に行ったところにある“LANGEAIS(ランジェ)城”。わたしも初めて聞く名前だったので興味津々。ちなみにガイドブックなどにも名前しか載ってないくらい地味なお城です。今回の参加者は恐ろしい事に全員日本人。車を飛ばすこと30分でついたランジェ村は「あれっ?日曜日?」と思うくらいひっそりとしているのですが、村のど真ん中にお城がひょっこり。このお城、1465年にルイ11世が使用していたものを、後にお金持ちの人が買い取り、一般公開を目的としてルネッサンス時代の装飾品を揃えた、『見た目と中身が違うお城』です。今回はフランス語の専属ガイドさんの説明と一緒に見学。正直、ガイドさんのお話は半分くらいしか聞き取れなかった・・・。でも、お城の一番上の部分から眺めるこの村の景色は本当に素敵でした。こんなチャンスがなければ、一生来ることができなかったんじゃないかと思うのですが、とてものんびりした良いところです。

c0091655_0182995.jpgお城の入り口にあるつり橋は、今でも毎日朝・晩と開閉されているそうで、いまでも動いているつり橋を持つお城は、フランス国内でも南仏にあるお城とこのランジェ城のみだそうです。

ところで、このようなお城などにいくと、見学ルートの終わりにコメント本みたいなのがおいてありますが、今回われわれも記念に書こう!ということになりNちゃんに書いてもらいました。まずは学校名・わたしたちの名前(カタカナ・・・)。そうしたらNちゃんが『ユッピー!(やっほー!みたいな感じ)』って書きたい!っていうので、うろ覚えのつづりを言ったら

“yuppie!”(都会は若手のエリート族の意)

と書いてしまってました・・・。正しくは“youpi!”。学校の評判を下げてしまい先生方にはホント申し訳ないです。
[PR]



by citronciiron | 2007-02-23 22:21 | Tours

学生らしく

明日の試験に向けて勉強。単なる復習テストなのですが、出来が悪いと先生が不機嫌になるのもあるけど、なによりも自分自身がヘコんでしまうので頑張りたいところ。以前このテストを受けたことがあるというHIROちゃんに傾向と対策を教えてもらい、午後は早めに切り上げ帰宅。今日も“ホットはちみつ&しょうが”でのどを温めてから勉強開始。ちびっこさまが今日も来ていたのですが、わたしはひとり部屋におこもり。

それにしても、社会人になってからというものの検定試験の勉強はなんどかしたけれど、中間・期末試験みたいなテストは本当にひさびさで、どうやって覚えてたっけ??って部分を思い出すところから開始となりました。中学生の時、クラスメイトで英語の良くできる男の子が勉強方法を後輩に聞かれて、『教科書の文章を丸暗記している』と言っていたのを聞き、マネして全部暗記するようにしたらそれ以降の試験がムチャクチャ楽勝になったんだったなーって遠い記憶がよみがえったのが夜10時。それから試験に出そうな『日焼けに関するインタビュー』の会話文の丸暗記を開始。さらに試験にでる単語を復習。フランス語は発音しなけど書かなくてはいけない文字や、発音は一緒だけど時制によって動詞の語尾の綴りが変わったりと本当にやっかいなので綴りを覚える作業も一苦労です。

でも、この“緊張感”はキラいじゃないなーなんて思う夜なのでした。

c0091655_0193827.jpg
お絵かきを楽しんでいたHugo。右側のHugoが見事な鏡文字になっていてビックリ。天才!?

★1/27ワイン祭りの写真をアップしました。
[PR]



by citronciiron | 2007-02-22 01:21 | Tours

風邪だったハズなのですが

花粉症の疑惑もありましたが、わたしがもらったウィルスはクラスのみなさんにまで蔓延し猛威を振るってます。今日は午後から頭がボーっとしてきたので早めに帰宅したのですが、家に帰るなり洗濯を始め、マダムのケーキ作りを見学、宿題&復習と予想外に活動し、結局12時近くまで頑張りました。今週から先生が変わり、金曜日は復習テスト。出来が悪いと顔は笑っているけど、結構キレているとウワサの先生なので緊張します。昨年の9月に買った仏仏辞典もここでようやく出番がきました。いろいろ書きたいことがいっぱいなのですが、今日はこの辺で。
[PR]



by citronciiron | 2007-02-21 23:15 | Tours

とうとう・・・

カゼをひいてしまったようです。鼻水がとまらないので『花粉症?』って思ったのですが、鼻水のタイプがあの花粉症独特のサラサラした水のようなものでないのでカゼと判明。仕方がないので、薬をもらい9時半に就寝。でも、今シーズンはインフルエンザの予防接種を受けてきているので、カゼにはかかってもインフルエンザにはならないので、その点は安心。
[PR]



by citronciiron | 2007-02-20 22:57 | Tours

祝☆画像アップ

クラスメイトのMizueさんにフラッシュメモリーを使う方法を教えてもらい、これまでの生活の様子を写真でもアップできるようになりました。やったー♪

今日は4日ぶりにちびっこサマ最年少のLucasちゃんと対面。わたしの名前を忘れちゃってないか心配だったのですが、ちゃんと『チィオー』と呼んでくれました♪でも風邪が完治していないので、Lucasちゃん・パパ・マダムの3人は鼻声。優しい家族のみなさんには申し訳ないことを言うようですが、週末に南仏旅行が入っていたおかげで風邪のウィルスから遠ざかることができました。でも、まだまだ油断は禁物。日本では『風邪と思ったらゼナ』とゼナFⅡを愛用していたのですが、こちらはゼナもなければキムチもない。お昼にスープを飲んで、手洗い・うがいで予防します!
[PR]



by citronciiron | 2007-02-19 00:33 | Tours

隅田川からセーヌへやってきた日記
by citronciiron
プロフィールを見る
画像一覧

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧