Bateau mouche

つまみ食い

クリスマスプレゼントをまだもらってなかったので、久々にのんびりできる土曜日、
Sと一緒にサンジェルマン・デ・プレへ。わたしのポーチが相当くたびれてきたので、
新しいのを探していたところ、半年かかってやっと見つかった~♪

気分を良くしたあとは、探していたショコラティエ探し。
rue Assasにあるのは覚えていたんだけど、どうしても思い出せないお店の名前。
とりあえず行ってみよう!ってことでてくてく歩き、そのままChristian Constantに
吸い込まれるSと私。が、すぐに違ったことに気がつくも、とりあえずトリュフを買って
「味比べ、味比べ」と調子のよい2人。
すると、突然50歳くらいのフランス人のマダムに「お部屋探してる?」と訪ねられびっくり。
「いや、ショコラティエを探してます」と答えるSさん。別にそれはこのマダムにとって
どうでもよくないか?
なんでもマダムはVavinという、昔アーティストが集ったカフェなんかが集まるところに
部屋を持っていて、貸し手を探しているんだとか。興味ないけど広さを聞くと18㎡。。。
いづれにしても、2人で住むには狭すぎるというと、「そんなことない」と答えるマダム。
絶句して家賃が幾らなのか聞くのを忘れてしまったけど、たぶん50㎡のわが家より気持ち
安いくらいだろうな。(わが家はSのおかげで破格)

さて、肝心なショコラティエ探し。お菓子好きな人ならすぐにピンとくるお店なんだろうけど、
Jean Charles Rochoux。この通りにある、質の良いチョコレートを扱っているもう1軒。
トリュフ好きのS、自宅用と会社用の2箱購入。わたしもプレゼントにちっちゃい箱を購入。
お店の人より、「10日以内に食べてくださいね」と日付を箱に押されました。
バターの都合なんだとか。でもね、そんな長く残りませんから。

本日の探し物はまだまだ続いて、斉藤由貴か、または井上陽水が流れてきそうなくらい。

ポンピドゥーセンターの近くでプラリネを買う、というSさん。今日はトリュフ買ったじゃん。
けれど、ポーチをプレゼントしてもらったので、黙ってお付き合いします。
ついた先はPralus。ロアンヌという街に本店を構える有名店がパリに出店してもう2年。
よく通る道なんだけど、いつも閉店後。ちなみに、今日も閉店間際。
名物のピンクのプラリネ入りブリオッシュは売り切れだったけど、ナッツのプラリネを購入。
他にお客さんがいなかったので、写真撮らせてもらいました。
c0091655_605213.jpg


個人的には豆源の方が好き。色がかわいいけどね。
[PR]



by citronciiron | 2011-02-06 05:59 | Paris<食べ物>

隅田川からセーヌへやってきた日記
by citronciiron
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧