Bateau mouche

ひさびさの良い作品

c0091655_434893.jpg

最近好きな俳優、ファブリス・ルッチーニとフランスワ・オゾン監督の最新作、Dans La Maison(英In The House)。カテゴリーが“スリラー”だったので、心臓がドキドキしすぎないかちょっと心配だったんだけど、フランソワ・オゾンらしい良い作品でした。ハリーポッターを読んでもドキドキしちゃう私でも落ち着いてみる事ができるスリラーです。

ファブリス・ルッチーニ演じる高校の文学の先生が、クロードという生徒の作文を読むところから始まる物語。ファブリス・ルッチーニの演技もさることながら、クロード役のEmst Umhauer(なんて読むんだろう?)も素晴らしく、何をしでかすか分からない高校生役を見事に演じていました。

フランソワ・オゾンといえば、『8人の女たち』が日本でも上映されて有名だけど、わたしは彼の映画の衣装やセットも好き。今回も、クロードのクラスメイトのお母さんがワンピース姿で何度も出てくるんだけど、どれも欲しいものばかり。
これは来年くらいに日本でも上映されるのでは?
[PR]



by citronciiron | 2012-11-02 03:57 | シネマ

隅田川からセーヌへやってきた日記
by citronciiron
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧