Bateau mouche

大聖堂と運河の街・アミアンへ

c0091655_5342813.jpg最近、平日の行動範囲がとても狭いのがちょっと不満だったので、昨晩1時ごろ思い立ってアミアンへ小旅行に出かけてきました。が、朝なかなか起きれず、予定の電車に2分足らず次の電車を待つこと1時間。アミアンへは北駅から出発なのですが、ブリュッセル行きやロンドン行きが出発する中、わたしの行き先はかなり地味です。(10h07の列車に乗車)


c0091655_5512536.jpgパリから1時間ほどでアミアン駅に到着。思ったより地味な雰囲気に不安を感じたのですが、プラットホームがいくつもあり、案外大きい駅です。ちなみに駅構内に普通のスーパーがありました。駅前は工事中です。


c0091655_5534983.jpg午前中は寒く、霧雨模様。ひとまず観光局で資料をもらったあと、カフェでサクッとお昼ごはん。写真は郵便配達のおじさんです。


c0091655_648269.jpg観光局に人に教えてもらったおすすめルートを散策してみようと、お目当ての大聖堂を横切りサン・ルー地区へ。


c0091655_605279.jpg
このエリアは大聖堂の周りとちょっと雰囲気がことなり、大小の運河のまわりにカラフルな家がならぶとってもかわいいエリア。しかも最近整備されたのかとてもきれいです。イメージとしてはブルージュとベニスのブラーノ島が混ざったような街並み。川沿いのレストランはわりと賑わってました。


c0091655_64981.jpgサン・ルー地区を越えて、『気持ちがいいわよ』と教えてもらった公園へ。おそらく代々木公園くらいの大きさで、真ん中に大きな池があって、白鳥やカルガモ、睡蓮がさいているのんびりした公園。ここについたころには空が晴れ渡っていたのですが、午前中に雨が降っていたせいかあまり人がいません。


c0091655_6544821.jpg写真を撮りながら公園をあるいていると、ベンチでくつろいでいたおじいさんに声をかけられて、ちょっとお話。この街はアジア人がとても少ないらしく、わたしも珍しく「中国人」と言われ「いえ、日本人です」と訂正。フランスの地方都市に行くと、中国と日本を同じに考えている人が少なくありません。まぁ、『欧米』と言う日本人が言えた義理ではありませんが。それにしても、確かにこの街はアジア人が少ない。
パリから日帰り旅行していることを話すと、『それならそこから川くだりをするといい。』と進められて、近くの船乗り場へ。


c0091655_6502878.jpg日本人どころか他のヨーロッパ諸国からの乗船客もいないくらいなので、当然ながら船頭さんの案内はやや北訛りのあるフランス語のみ。50分の川くだりの途中には畑があったり、ガーデニングを楽しむ家があったりとのどかな風景が続きます。午前中の雨が信じられないくらい晴れて、本当に気持ちのよい川くだりを楽しみました。


c0091655_6554428.jpg
意外にも大聖堂以外の部分で満喫してしまったのですが、サン・ルー地区からいよいよ大聖堂へ。なんでワクワクしているかというと、世界遺産だからです。
グングンと近づいてきます。


c0091655_656494.jpgアミアンの大聖堂は高さが42.5mで、国内で一番高さがあるそうです。当然ながら写真からはみ出る大きさ。大聖堂の中は、天井が高い分本当に大きく感じられます。塔にも登れるようなのですが、なぜかこの日は早めに閉まってしまいました。

本当は15:30くらいの電車の切符を買っていたのですが、結局乗ったのは18:00すぎの電車。偶然にも川くだりで同じ船だったマダムが斜め前に座ってました。

世界遺産踏破が目的の小旅行だったのですが、『ちょっとだけ住んでもいいなぁ』と思うくらいい街でした。こんないい街があまり知られていないのが残念。でも、知られていないからこそ素敵な街並みが残っているのかもしれません。
[PR]



by citronciiron | 2007-05-12 05:30 | フランス小旅行

隅田川からセーヌへやってきた日記
by citronciiron
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧