Bateau mouche

レバノン料理

c0091655_6265621.jpg


今日は少人数でランチだったので、マンネリ化したごはんじゃなくって開拓しようっ!ってことで、レバノン料理のお店へ。レバノンは1944年までフランスの統治下にあったので、パリにはレバノン料理のお店がたくさんあります。そういえば、先日はレバノン料理のファストフードにいったんだった。

今日のメニューは、チキン・お肉の串焼き・イタリアンパセリ(?)のサラダ・ひよこ豆のペースト、白いのはニンニク風味のクリームチーズ。これをピタパンで食べます。eur14.50でいつものランチよりちょっと高め(平均euro12)だけど、かなりおなかいっぱいになっておいしかったです。ちなみに、今日のお店はとても清潔で、店員さんの感じもよく、1時ごろになるとお客さんが何組も入ってました。

フランスのごはん、フレンチだけじゃなくって旧植民地系レストランもおすすめです。
[PR]



by citronciiron | 2008-06-03 06:35 | Paris<食べ物>

隅田川からセーヌへやってきた日記
by citronciiron
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧