Bateau mouche

カテゴリ:Tours( 81 )




お礼

金曜日から3日分のメールを見ていなかったら、みなさんから沢山のメールを頂き、今日はお返事のみで午後が終わりました。

最近、パン・オ・ショコラの食べ比べにハマっているのですが、今日食べた学校近くのパン屋さんのモノはまだ温かくっておいしかったー♪おかしを食べる習慣がカラダに染み付いてしまいました。ココは恐ろしい国です。
[PR]



by citronciiron | 2007-02-12 22:52 | Tours

カンガルーを見る

昨日はパリで遊び、夜はお祝いをしていただいたりと盛りだくさんだったので、今日はのんびり過ごそうかなぁ~と思っていたら、“チィロ~、チィロ~”と下から呼ぶ声。何かと思ったら、『公園の白鳥にパンをあげに行こう!』というお誘い。鳥はキライなことをチビッコには話していないので、平気なフリして一緒に行ってきました。今日は時間が良かったのか、アヒルも白鳥もバクバク食べてくれて、チビッコさまも大喜び。Clarisseは白鳥にあげる堅くなったパンを食べ出したり常に油断ならないお散歩です。

お昼寝の後はもう一度お散歩!先週閉まっていて行けなかった植物公園へリベンジ入場したのですが、植物園の中に鳥類コーナーがありました。ファミリーの大人の方々には鳥類がニガテなことを話していたのですが、一歩引いて歩く私の姿を見て笑ってました。ここにはダチョウやフラミンゴからオーストラリアに生息するエミューまでかなりの種類の鳥類が揃ってます。が、さらに目を疑ってしまうような動物を発見。カ、カ、カ、カンガルー!!!しかもニワトリみたいな鳥と一緒の柵の中に放され、ピョンピョンと飛んでいる~。実はカンガルーを生まれてはじめて見た(と思う)のですが、まさかフランスで対面するとは夢にも思わなかったので、思わず『カンガルーだ!カンガルーだ!』とはしゃいでしまった日曜日の午後だったのでした。
[PR]



by citronciiron | 2007-02-11 22:25 | Tours

ロウソク

実は本日、誕生日です。去年は京都へさすらいの旅へ出かけてみましたが、今年はフランスで迎えました。あぁ、なんだかとっても幸せ☆

昨晩からお世話になっているasakoちゃんのお家で歯磨きをしていると、asakoちゃんが昨日買ったセールの戦利品を公開中。50%OFFで買ったというナイキのスニーカーはゴールドでわたしが探していた感じ!左足をちょっと試着させてもらったら幅もちょうどよかったので、右足も・・・って思ったら箱に入っていたのは左足!?何度見ても左足。。。というわけで、早速レ・アールにお店へお取替えに行ってきました。店員さんのリアクションをちょっと楽しみに行ったのですが、案の定『あ、ホントだ。じゃぁ、待ってて。』みたいなあっさり回答。こんなこともこの国では珍しくないのです。

その後は、パリのBOOK OFFや日本食材屋さんでアノンス(求人や物件の掲示板)を探したり、「韓国料理が食べたーい!」というわたしのリクエストに付き合ってもらってチゲを食べ、さらにアンジェリーナでモンブランも食べて、パリの休日を満喫。ちなみに本店のモンブランは日本のモノとサイズは一緒でした。

asakoちゃんとはカフェでお別れしてモンパルナス駅へ。TGVの切符を発車数分前に買ったら車内は大混雑。そしてチケットをよ~く見ると、座席ナンバーが書いてない。ん・・・?!満席のため同料金で連結部分に乗車できるだけのチケットだったのです。ガックリしながらも日本じゃ1時間たちっぱなしで移動することも珍しい事ではないのでボケーっと立っていたら、補助椅子に座っていたお兄さん(推定30歳弱)が席を譲ってくれるのです。「すぐに降りるから・・・」と言ったのですが、「いいから、いいから」とお兄さん。お言葉に甘えて座らせていただきました。誕生日だけにウレシイ・・・。お兄さんはどうやら私よりももっと遠くへ行くようで、別れ際にもう一度お礼を言うと、ニコッ☆っとしてくれて、『なんて心に余裕のある人なんだー』と感激。日本ではありえない紳士っぷりに心を打たれました。

c0091655_072613.jpgさてさて、帰宅するとチビッコさまたちが『今日はチィロの誕生日~♪』と我先にと駆け寄ってビズ。そして夜は家族のみなさんが誕生日パーティーを開いてくれました。今日はちびっこサマも“こどもシャンパン”で乾杯!夕食はラクレット。溶かしたチーズをゆでたジャガイモにかけて食べる料理で、仕事では何度も手配していたけど食べるのは初めて。しかもこちらにはラクレット用の卓上プレートまであります。次々にパクパクと食べおなかいっぱいになった所で、ハッピーバースデーの音楽とともにケーキの登場。マダムとHugoが一緒に作ってくれたケーキに音楽のなるロウソクが立っていて、その火をチビッコさまたちと一緒に消してちょっと涙が出てしまいそうなくらい感激してしまいました☆それから、ちびっこサマ3人がひとりずつプレゼントを持って来てくれました。中身は、わたしが探していたスプーン・紅茶用の球状の茶漉し・そしてmerinaさんが書いた絵本。文章から絵まですべてオリジナルというこの本はとても色がきれいで、素敵なお話。みんなで一緒に読んで、本当に幸せな誕生日の夜を過ごしました。

いただいたスプーン、私が探していたことを家族の方は知らなかったハズなので本当にビックリでした。おウチで見たときにわたしが手にとってジーっとみていたのを覚えていてくださったようです。本当にステイ先に恵まれて改めてよかったと実感した夜だったのでした。
c0091655_075976.jpg

[PR]



by citronciiron | 2007-02-10 21:42 | Tours

メッセンジャー

先日の日本文化交流会でお友達になったフランス人学生とメッセンジャーでお話をしてみました。・・・が、難しすぎる。まず、フランス語で文章を書くにはキーボードをフランス語バージョンにしないとアクセント付きの文字が打てないのでバージョンを変更しないといけないのですが、配置が違うとこんなにも打ちにくいのかと思うくらいタイプしずらいのです。ちなみに、mの文字はLの右隣にあります。

でも配置以前の問題で、フランス語でのやりとりはスピードについていけず本当に大変。でも、この機会にがんばって日本語とフランス語のエシャンジュをお願いしようと思います。
[PR]



by citronciiron | 2007-02-08 01:34 | Tours

BARBAPAPA

日本でもよく見るバーバーパパ。先日チビッコさまたちと一緒に初めてDVDでお話をみて、フランス生まれってことを知りビックリ。でも、もっとビックリだったのはバーバーパパ一家が出来るまでの部分。

☆★私的・驚いちゃったポイント★☆

①バーバーパパは土の中から生まれた。
②あまりにも怪しい生き物なので、最初は人間からも嫌われてしまった。
③人間に受け入れられたあと、自分と同じ生き物がいないことで軽いうつ状態になってしまった。
④そこにバーバーママが土の中から誕生。
④ママの頭の花輪は、2人が出会ったときにパパがプレゼントしたお花で作ったもの。
 (よって生まれたてのママは花輪をしてない)


・・・などなど。でも一番ビックリしたのはこの後。
子どもたちをつくるのに、パパとママが卵を土に埋めてるのです。まるでチューリップの球根の様を植えているかのような光景。もう、あまりにもビックリしてしまって、思わず『えーーーっ!!!』と声をあげてしまいました。どちらかというと哺乳類だと思ってたよ。。。

日本ではこのバーバー一家の誕生秘話を知っている人はどれくらいいるんだろう?

今日もケーキをいただきました。チョコレートケーキとメレンゲが層になってます。
c0091655_1584065.jpg

[PR]



by citronciiron | 2007-02-07 20:41 | Tours

着物デビュー

今日は学校のお友達、Naokoちゃんに誘われてこの街にある私立大学で行われる日本文化の紹介のお手伝いに行ってきました。今回、わたしは日本より着物一式を追加代金を払ってまでして持ってきたこともあるので、『ん?チャンス??』と思い着物を持ってイベントに参加。

事前インフォメーションでは、“日本文化の紹介”としか聞いていなかったので何があるんだろう?って思っていたのですが、まずは先日文化祭に行った日本人学校の生徒による太鼓の演奏。久々に「日本的な間」を体感出来て、日本人のわたしも感激でした。第2部は、以前日本で働いていた40代くらいのムッシューによる講演会。題は『日本で生き・働くワザ』内容は、彼が日本で働いていた経験や、日本で驚いたことなどの紹介。例えば、箱崎あたりの高速道路の立体交差だったり、山手線の満員電車。「忙しい」が口癖の日本人。そして、カラオケに行くと決まって“オー・シャンゼリゼ”を歌ってと言われること・・・など。1時間近い講演の後は、現在日本へ滞在しているこの学校の学生2人と衛星中継(?)っていうか電話を繋げてのインタビュー。かなり本格的でした。

講演の後は、おりがみや書道などのお遊び。わたしも初めは最近覚えた折り紙を披露してたりしたのですが、せっかくもってきた着物を出さないのももったいないなぁということになって、Naokoちゃんにモデルさん役をお願いして着付けのデモンストレーションをやってみました!
着物の学校の試験ほどは緊張しなかったのですが、学校以外で着付けを披露するのはこれが初めてで、さらに着付けを知らない人にモデルさんをお願いするのも初めてだったのでちょっと緊張。でもみんな拍手してよろこんでくれて一安心。ただ、まだフランス語で説明ができないのでチャップリン状態の無言デモンストレーションになってしまったのが残念。そのほか、帯結びも反省点がいっぱいあって、とてもいい勉強になりました。

デモンストレーション後も学生さんたちとちょっと話したりしてメアド交換などもしてみたり。実はこの日記を書いている現在、MSNでつながってます。これからちょっと話してみようかな。
[PR]



by citronciiron | 2007-02-06 20:18 | Tours

脳内スイッチ

今日から入学の生徒が4人。1人は上のクラスで、1人はわたしたちのクラス。そして2人は入門クラス。偶然にも入門クラスに来た日本人のKeikoさんは昨日Vixiとのお散歩中に公園で見かけた人でビックリ!

ランチタイム、ちょうど隣に座った入門クラスと思われるもう一人の新入生に自己紹介をしてなかったので、日本語で話しかけると『???』すると、彼女と同じクラスのHarumiちゃんが『彼女は韓国人なのー』と。彼女以外、まわりは日本人のみでみんな日本語でずーーっと話しているから日本人かと追い込んでしまったのです。慌ててフランス語で『日本人かとおもっちゃった、てへ。』っていったら、これがまた通じず。。。で、『英語は話す?』って聞いたら彼女の表情は一変!彼女=Seul Ahは英語はかなり話せるのですが、フランス語を始めたばかりとのこと。他の日本人の子は英語がほとんど分からないようで、今日の午前中はコミュニケーションがなかなかとれずにいたらしく大喜びしてくれました。一方、わたしも韓国が大ーーースキ☆で、フランスで韓国人の友達も作りたい!って思っていたので2人して大喜び。ちなみに彼女は日本人に間違えられる事が多いそうなのですが、彼女はわたしを見たときに韓国人だと思ったそうです。なんでだ?

大学時代に韓国語を一年間習っていたのですが、かなり忘れてしまった事を悔やみながらも、旅行で使った『ビール下さい』を韓国語で言ってみたら、“すごーい!!”って言ってくれました。ところが、こんな楽しいおしゃべり中に恐ろしいことが発覚。。。

わたしはSeul Ahと英語で話しているつもりなのですが、気がつくと口がフランス語をしゃべってしまい、さらにはフランス語では分かる単語が英語だと思い出せなくなってしまっていて、脳の回路にある英語という回路がフランス語の回路と混線状態になってしまったのです。それでもみんながしゃべっている事を訳したり、お互いのことを話したりしたいからなんだか気だけが先走ってしまい、しまいにはSeul Ahにも『落ち着いてー』って言われるほどに。

フランス語を話している時は英語が混ざる事は全くないことを考えると、この1ヵ月間本当にフランス語漬けな生活をしていたことを実感。でも、日本人がフランスで働くためには日本語・フランス語の他に英語も求められるケースが多いので、Seul Ahに助けてもらって脳の回線を直したいと思ったのでした。
[PR]



by citronciiron | 2007-02-05 00:52 | Tours

1ヶ月目の感激☆

ホームステイ先でお世話になる生活も1ヶ月が過ぎましたが、今日感激の出来事が!なんと、1歳半のLucちゃんが“ちぃおー”とわたしの名前を呼んでくれましたー♪♪ただでさえフランス人には発音の難しいわたしの名前を、まだほとんどおしゃべりのできないLucちゃんが呼んでくれたこの感激。しかも、2階にいるわたしを大声で呼んでくれました。嬉しくって『はーい』と返事をして降りていくと、“ココ”と指差して横に座るように指示されました。『一緒に遊ぼう~』ってことだったのですが、それからは“ちぃおー、ちぃおー”を連呼。たまに『んっ?いまの言いたかっただけ?』という時もあったり。でも、本当にかわいい。

この天使のようなLucちゃん。次の日には楳図かずおの“まことちゃん”のような髪形になってしまう事を、このときは誰も予想していないのでした。

☆まことちゃん↓
http://umezz.com/jp/index.html
[PR]



by citronciiron | 2007-02-04 00:15 | Tours

フランスで犬の散歩をする

朝、目覚めたら10時。土曜日なので2度寝をしてしまったのですが、日本にいた時も10時まで寝ていることはあまりなかったので、かなりビビリました。そして休日の朝食はだいたい10時からという現実。あ・・・1階から話し声がする。急いで着替えてテーブルに。ちなみに、日本では“いただきます”の合図でみんなが食べ始めますが、こちらは気がつくとみんなが食べ始めてます。なので、今朝のように熟睡してたためにみんながわたしを待っている、ということはないので、とても救われ気が楽です。

c0091655_0125622.jpgさて、昨日から遊びに来ているVixi。犬種が分からないのですが、色は耳が茶で胴体は白ベースに茶のまだら模様。101匹ワンちゃんの茶色版のような犬で、現在3歳。幼少期は子どものおもちゃを食べてしまったりとやんちゃだったそうなのですが、現在では頭のいい立派な犬に成長。午前中、みんながちょっと出かけてしまったとき、わたしが部屋で宿題をやっていると部屋の外から、“ブルブルブル~”という物音(?)が。そーっとドアをあけるとVixiが、『なにしてるの~?』って顔して座ってました。いつの間に階段を上ってきたんだろうか?わたしの犬好きがどうもVixiにも伝わっているらしく、ごはんのときもわたしの膝にあごを乗っけたり、退屈になるとわたしを『じーーーーっ』っと見たりとカワイイ。

ランチ後、マダムがカルフールへ連れて行ってくれるというので、ワクワクしながらいったのですが、駐車場はディズニーランド状態。しかもこちらは日本のように満車になったら入れなくなるようなシステムではないので、スペースをめがけて争奪戦が繰り広げられるのですが、運良く帰っていく車を見つけ駐車。カルフールの他にも雑貨屋やトイザラスもあって、家族連れで大賑わいでした。

帰宅後、首を長くして待っていたVixiとお散歩。海外で犬の散歩をするのが夢がかなったのでした。
[PR]



by citronciiron | 2007-02-03 23:49 | Tours

1年分のクレープを食べる

日本では2/3に節分というイベントがあり、近頃は恵方巻きとかいうのがはやってますが、フランスで2月2日はLa Chandeleur =“クレープの日”です。金曜日の午後は毎週何かしらのイベントが学校で企画されるのですが、今週はちょうど2/2が金曜日にあたっていたので、『みんなでクレープを作って食べよう!』っていうイベントでした。13時開始だったので、お腹をすかせてスタンバイしていたら、なぜかみんなはお昼ご飯を食べての参加。「ランチ代が浮いたな~」なんて思っていたのは私だけだった模様。

さてさて、まずは生地作り。粉を混ぜるところをちょっとやってみたけど、途中で元・パティシエのNaokoちゃんに交代。さっすが混ぜるのが早い。そして今回は生地を寝かせる時間がないので、すぐに焼きに入る。日本のホットプレートのような機械に15cmくらいのクレープ枠が6つついたTefal製のクレープ焼き機を先生が持ってきてくれて、順番に焼いてみました。わたしはかつて薄焼き卵で鍛えた勘が冴え、先生にも褒められるほど上手に焼く。そして、満腹でつぎつぎに脱落していく他の生徒を横目にひたすらクレープを食べる。食べる。今回は先生が、ヌッテラの他にBonne Mamanのジャムでアプリコットとプルーン、それにおそらく日本では未発売の4つのベリー(←これは激ウマ)、さらに生地にも使ったお砂糖の5種類を用意してくれました。個人的には先週末に夕食で食べたお砂糖+有塩バター+レモンがベストなのですが、4つのベリーのジャムもかなりおいしかった♪

クレープを食べながら動物の鳴き声の話になったのですが、Jeanyというとてもパワフルだけどチャーミングな先生が、『あぁ、えーっと、日本の鶏の鳴き声がヘンだったんだけどどんなだったっけ??』というので、パティシエでないもうひとりのNaokoちゃん(こちらも超パワフル)が、『コッケコッコ~!』って大きな声で言ったら爆笑の渦。Jeanyは椅子から転げ落ちそうなくらい大ウケ。ちょっと泣いていた。今は無き電波少年という番組で、確か猿岩石がヨーロッパを旅行していたと思うんだけど、もし彼らがこのネタをしっていたら、今頃オールスターものまね選手権ではなくヨーロッパで活躍していたかもしれない、と思ったり。そのくらい動物の鳴き声ネタで1時間近くおしゃべり。

クレープ後はサッカーをしに行くという男の子+先生Ericの様子を見にサッカーグランドへ。ロワール川沿いのフットサルコートは緑もいっぱいあって、寒い季節じゃなかったら最高だと思う。サッカー後は、発音の本が欲しいというHarumiちゃんの本を探しに、7人で本屋をはしご。結局お目当ての本は見つからなかったので、今日は諦めてみんなでカフェへ。カフェといってもココはフランス。ワインもあるので、当然ながらワインをオーダー。お薦めされたロゼを頼む。けどちょっと甘かった。わたしはさっぱり味が好きなのだと改めて感じた。

さてさて、時間も時間なので今日はお開きに。家の方向が一緒のパティシエ・Takumiくんと一緒に帰る。途中、『クリーニング屋に寄る』というので一緒にいくと、仕事で使うユニフォームのクリーニング代がユーロ15だと聞かされる。日本のクリーニング屋さんは安いらしい。15歳でフランスに来たという彼は、現在21歳。日本の21歳と比べると仕事をしているせいもあるのかも知れないけど、しっかりしていると思う。けれど、つい最近起きた甘酸っぱい恋愛話を披露してくれて、彼の若さを目の当たりにする。本人は“しょっぱいよー”って言ってたけど。

帰宅すると、遊びにきたマダムの娘さんの愛犬・Vixiの熱烈な歓迎を受ける。そして、『今日の夕食はクレープよ』と言われる。ううううぅぅぅぅ・・・。学校でクレープを食べた事を話しましたが、夕食はホタテのソテー&クレープ5枚。マダムのお友達がいらっしゃっていた事もあり、12時まで続くのでした。
[PR]



by citronciiron | 2007-02-02 20:55 | Tours

隅田川からセーヌへやってきた日記
by citronciiron
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧